愛車を手放す

今自分は車を持っていませんが、昔は自分で購入した車がありました。
その車はすごく大好きな形で、色も自分の好きな色にしました。

その時は独身ということもあり、結婚したらもう二度と乗ることが出来ないだろうなという事で自分が一生で一度乗りたい車を購入しました。

私はずっと乗っていたかったのですが、東京に行くためにその車を売ることになりました。

本当に実際のところ売りたくはなかったです。私の車は作られた年も結構古かったし、燃費も良い方ではなかったので値段があまりつけられないとも言われました。

売るときに思いましたが、少しでも値がつくのはうれしいけれども、次に乗ってくれる、自分の愛車を愛してくれる人がいるならタダでもいいと思っていたぐらいです。

自分がすごく大事にしていた愛車であったけれども、維持費や燃費を考えると手放さなければならないといった事態も今後あると思います。
その時は惜しいけれども手放し、次に乗ってくれる人に託したいと思います。